神奈川県川崎市の刀剣研磨処

研磨料金




短刀
脇差/刀
試斬用研磨

寸3,000円〜
標準研磨
50,000円
寸5,000円〜
美術研磨
60,000円
寸6,000円〜
化粧直し
応相談
応相談
窓開け
15,000円
15,000円

※1寸=3pで計算いたします。
※短刀の研磨は長さに関わらず一律となります。(状態により割り増しの場合もあり)
※錆の状態や樋の有無、曲がりの有無等により割り増し料金を頂く場合がございます。
※白鞘、ハバキ、拵の製作も承ります。工作費等ご相談ください。
※槍、剣、薙刀も研磨可能ですので、料金等はお問い合わせください。


【研磨内容】

◎試斬用研磨
試斬刀専用の研磨で、名倉砥石までの研磨となります。地や刃ははっきりとはさせませんが、試斬刀としての切れ味を追求した研磨をいたします。

◎標準研磨 
居合刀の研磨や、通常の観賞用に向く研磨を行います。極力地は黒く刃は白く、働きや特徴も引き出すよう研ぎ上げます。ただし化粧流しは行いません。

◎美術研磨
仕上げの内曇り砥石をしっかりと効かせ、地鉄の仕上げや刃取りなど丁寧に行い、地刃の細かな働きを最大限に表現するよう研磨いたします。また、化粧流しを行います。日刀保鑑定に出される場合に十分ご納得頂けるように仕上げます。

◎化粧直し
角砥石は使用せず、指先で研ぐ刃艶砥石と地艶砥石を中心に仕上げ直しを行います。研磨料金はおおよそ半額程度が目安となりますが、錆や刃こぼれの無い状態の刀が対象となります。化粧直しを行うことにより古研ぎの状態を綺麗にすることができます。

◎部分研磨
切っ先の刃こぼれ直しや部分的な錆取りなどの部分研磨も対応可能です。状態や研磨内容により料金は異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

◎窓開け
地刃不明の刀身の一部を研磨して、地鉄と刃文の様子を見る研磨です。片面約5寸ほど研磨いたします。



【研磨期間のお知らせ】


※ただいま研磨のお時間は4〜7ヶ月程度頂戴しております。基本的にはお預かり順に作業を開始いたします が、研磨内容により多少前後する場合がございます。


※白鞘、ハバキ、拵工作を別途ご依頼の場合は各2ヶ月ほど余分に頂きますので、ご了承ください。


(2020年10月現在)